Amazonビデオ ダイレクトには品性のない動画はいらない

YouTubeが自由に投稿できるならばAmazonは敷居が高いといった所だろう。
俺はKindleをやっているがアマゾンビデオダイレクトには参入するつもりはない
その理由はいくつかある。

 

アマゾンビデオダイレクトはクリエイター向けである

 

アマゾンビデオダイレクトはKindle同様アメリカのアマゾンとの契約になる。参加を
するのであればアメリカの税務申告をする所で躓くだろうけども日本語対応にはまだ
なっていない。

まぁ日本で定着するのかどうかはわからないが個人的にはかなり無理だろうといえる
YouTuberが参入することはないが俺にはどこかアマゾンビデオダイレクトはかなり
シビアに見える。

その理由が品性のない動画はお断りだということだ。アホ動画を作っているやつらや
権利侵害などどうでもいいカスや屑動画をアマゾンはかなり嫌う。これははっきり言える
だろう。

 

アマゾンが目指す動画マーケティングとは

 

アマゾンビデオダイレクトはクリエイター向けだと言うがそこでアドセンスのように
稼ぐ事もできる。しかしさっきも話したように短い動画よりもドキュメンタリーのような
動画を作ったほうがいいだろう。

私はどちらかと言えば使わない予定だがやっぱりYouTubeが一番いいし自由度が
あるのでそこで頑張ってみたいなと思うね。

誹謗中傷は今後犯罪に発展するかも

ネットの誹謗中傷は明らかに犯罪行為である。

しかし多くの人はどこかね本当にいい加減なものだ。Amazonや楽天のレビュー
ではボロクソに書くやつがいる。本当にこんな悪質なやつが増えているがこれら
は売上を下げる行為だ。

 

誹謗中傷は犯罪の一つである。

 

誹謗中傷はいわゆる風評被害に似ているが本当にバカじゃないのかと俺は思う
個人的にはAmazonKindleに本を出しているけどもまぁそれにしても減らないの
はなぜか。

個人的には気に入らないからだろう。こんなものはまさに本当に犯罪行為である
ということを知らないからこそ日本人の呆れた体質は変わらない。まぁ本当にどうか
しているね。

一体どうするのか?

この場合Amazonは日本では情報開示請求をすることができる。しかし最近はまさに
誹謗中傷のレビューは減ったとはいえまだまだ日本はやりたい放題の大国だ。

 

 

 

やっていいことの区別があるだろ

 

やっていいことの区別があるはずだが、内容が気に入らないというか読まずに
もはや人格否定をしてくる。これはやってはいけない人権侵害だ。こういう奴ら
はどういう教育を受けているのだろうか。

俺にはいろいろと思う事があるけどもやっぱり感じるのはこの馬鹿さ加減の日本
だろう。

他人を誹謗中傷して何が楽しいか。今の日本人はもっと教育を根本的に受ける
必要があるのではないか。

著作権侵害の動画多すぎる

日本人の性格だろうか犯罪意識がない。

俺自身はこの問題に関しては本当に呆れていると思う。どこかねいい加減
しろと思うけども何より人の作品をパクるというのはドロボーに等しいのだ。
あなたこんなことをやってはいけない。

 

アホチューバーが増えたな

 

ユーチューバーで稼いでいますと言うやつの中にもそんなやつはいる。確かに
それはそれでいいだろうけども個人的には迷惑な話である。どこかね本当に
大切なのは何かをしっかりとしてほしいね。他人の動画をパクってまでアドセンス
の報酬ほしいのか。

モラルのないアホが最近は増えた。悲しい話だ。

 

アカウント削除が今年もある

 

これだけアホチューバーがいれば当然グーグル側も黙ってはいない。今年は
昨年以上にどれくらいの頻度でアカウントを削除されるのかはわからないがはっきり
言えることは日本はとにかく昨年の二の舞いを踏まない事が大事だ。

俺はそう思うけどね。