本郷理華フィギュアスケート世界選手権何が何でも平昌五輪へ行く

本郷理華が怪我の宮原知子の代わりを務めることになったが今回は新人
の三原舞依、樋口新葉とともに平昌五輪の切符が勝ったフィギュアスケート
世界選手権に向けて挑む。

本郷理華はお姉さん的存在でいいものだな

やはり経験がある本郷理華は今回は樋口新葉と三原舞依とともに出場する
のだがやはり彼女たちのお姉さん的存在である本郷理華は色々と始めての
出場になる2人に対してどんなアドバイスを送るのだろうか。

まだ始まったわけではないが思い切ってやりたいと思っているのは間違い
ない。やはりエースの宮原知子の怪我は痛いなといえるけども本郷理華の
頑張りが今回どこまで平昌五輪出場に近づけるのかは未知数である。

若手に期待するか

浅田真央に変わる若手がどんどんでている中でも女子フィギュアはまさに
世代交代の時期を迎えているのは言うまでもない。そこには本郷理華もふく
まれるだろう。

宮原知子が完璧に出場できていればよかったのだけども今の状態は悪いので
とにかくここは本郷理華と三原舞依そして樋口新葉に大いに期待するしかない
けどね。

 

ピアノソロ中上級 フィギュアスケート名曲集〜氷上に響くメロディ〜2016−2017 / ヤマハミュージックメディア 【メール便なら送料無料】 【ピアノ譜】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA