YouTubeの収益化プログラム変更かなり痛手だな

今回1月17日に急にメールが来たがそこに書いてあった内容とはこうだ。

YouTube収益化プログラムの改定

ついに来たかと思ったがおれ自身は別に驚かなった。大半のユーチューバー
は事実上失業になるだろうしバカがこれで消えてくれたらいいだろうと思う
今回はかなりハードルが高い。

4000時間以上の視聴=24万分
チャンネル登録者1000人以上

かなり条件が厳しい。これは何を意味するのか

 

ローガンポールの事件がやはり原因だった

 

YouTubeだって黙ってはいない。今回は流石に日本で起きた事件だからこそ
YouTuber追放という言葉などがあったのではないか。YouTuberというのは
本当にチンカスのようなものだ。

あれは職業と言えるのか。おれにはバカの寄せ集めしか言えないのではないか
と思う。はっきり言えることはこんかいの改訂で大半のYouTuberは露頭に迷う
だろう。やはり天下のグーグル様だからね。

 

別にアカウントが削除されたわけではない

 

アカウントが削除されたとか言うならば問題だろうけども別にそんなことはない
本当に問題にしないといけないのは品性の悪いYouTuberが増えたということだ。
おれはそっちのほうが問題があるだろうといいたいぐらいである。やっぱりおか
しいね。

一体この先どうなるのだろうか。わからないけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA