著作隣接権で壊滅するYouTuberが出る

著作権の中でも著作隣接権

これはどういう時に使うのかと言えばカラオケの時にあなたが動画で歌っているシーン
を撮影してアップロードをするのだが、これに関してははっきり言えば迷惑なものだと
言いたい。

垢バン祭り再び

 

YouTubeのアカウントBAN祭りがあるとしたらどうだろうか。これは昨年に起きたアカウント
停止の意味をするが俺はありということは断言できないがないとはいえない。

第一興商もジョイサウンドもさすがにこれには怒りを覚えているのだろうかやっぱりやられ
てばかりではたまったもんじゃないだろう。だからこそこの措置を取ったのではないだろうか
俺はこの垢バンはかなり痛いだろうといえる。

それは今までのYouTubeのアカウント停止の中でもたちの悪い方だからだ。

 

規制はどんどんきつくなる

 

厳しくなるのは仕方がないけどもやっぱりどうかなと思うのはやはり俺自身はやっぱり
今回のYouTubeの規制だ。

そして著作隣接権がだめだよという裁判で認められた事がある判例。そう考えれば
YouTuberの大半が全滅するのではないかと危惧している。そんなことはないといえる
のか?

俺は言えないと思うけどな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA