YouTubeの規約が変わったということ

YouTubeの規約が変わったことは俺のブログでもメインのブログでも書いた
然しこのことが意味するのは何か。それはあんたを今後厳しく審査するよと
いうもの。バカなやつの言うことを真に受けるということではない。

 

しっかりした動画を作る

 

当たり前だがしっかりとした動画を作らないとたとえ1万回再生したとしても
それは意味がない。そこにパートナーとしての資格があるかの審査があるのだ
つまり二段階審査を採り入れたというのだ。

単にアクセスを集めるのであれば誰でもできる。

アボチューバーのようにどんな手を使ってもできるがそんな時代ではない。この
意味はもう俺にはわかる。

 

不正するやつはYouTubeパートナーになるな

 

そういうことだ。

 

正しくやれば問題はない。

 

なぜ今回の様な措置があるのか。それはアホチューバーの影響ではないか
アホな動画を垂れ流すからこそ広告主は撤退しそして多方面に影響を与える
バカじゃないのか。

本来ならば俺は迷惑かけたクズ共を罰す方がいいが何故か日本はそうではない
まぁYouTubeは世界だからね。どうなるか観てみたいものである。

 

「5秒で伝え、共感させる」YouTube広告術【電子書籍】[ 徳山 亨 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA