見えないYouTubeのアカウント停止何が原因なのか

最近YouTubeの締め付けが厳しいのかユーチューバーのアカウント停止が立て続けに起きて
いるのは言うまでもないが本当にこの原因がわからない。

粛清がはじまったのか

何故か関係ないアカウントまでが削除を食らったということで昨年11月から今までの流れを見れば
わかるように明らかにYouTubeの常軌をいしたこのやり方は可笑しいだろう。しかしユーチューバー
の馬鹿さかげんは何処へと言いたいがはっきり言えることはユーチューバーという言葉が一人歩き
していることだ。

正式にはYouTubeパートナーである。しかし彼らはユーチューバーと名乗りどこか誹謗中傷しあい
ながら炎上商法をする馬鹿が増えた。これはまさにYouTube側も黙ってはいないだろう。

原因はまちまち

某ユーチューバーのように暴言を履きまくる馬鹿もいればそうでない人も削除に巻き込まれている
単にスパムならば呆れるが今までの規約はもう通用しないのだろうか。この頃のYouTubeの場合
一発でアカウント停止が多いがこのパターンは本当に誰にでもあるということだ。

原因もまちまちでその人がアカウント復活した例もあるがそうでない例もある。今のYouTubeは
こういう罵詈雑言の世界の中で最も危険な存在になっているのは間違いないがはっきり言える
ことはアカウント凍結される理由が何かあるということだ。

テロリスト認定された

イスラム国もYouTubeを使っているがそれにしびれを切らしたYouTubeはかなり規約やコミュニティ
ーガイドラインをシビアにしてきているだろう。これははっきり言えないがテロリストのような動画を作って
いるということはその動画のアカウントは永久凍結になるはずだ。

ゲーム系は特にアカウント停止が多いはずだ。これらはまず著作権の許諾を受けたのかということだ
がはっきり言えば受けていないはずである。俺自身はゲームなどしないけどもはっきり言えることは
ゲームの実況動画を載せるということはまさに著作権侵害の可能性があるということだ。

スパム判定の定義

スパム判定の定義は曖昧になれば当然ながら動画なのかそれともタグなのかということになる。
タグのコピーなどもダメだということになる。となればこのあたりの線引はかなり難しいものになる
だろうね。然し最近のYouTubeは厳しいというが個人的に言えばやっぱり大事なことは規約違反
に当たらないことだといえるね。

 

YouTube成功の実践法則53 [ 木村博史 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA