職務質問されても断る事はできる

職務質問をされても断れないという人はいるが職務質問は任意だというの
に強制してくるぼんくら警察官がいる。この類はなんでもやっていいという
傲慢から来ているが違う。ボンクラ警察はすぐ消えろと思う。

警察官職務執行法2条1項の要件に該当しない人は職務質問はできない

警職法とここで言うがこの警察官職務執行法の2条1項とは何かと言えば職務質問
ができる要件である。長いので要約するとこうなる

1 その場で事件が起きた
2 その場で通報があった
3 明らかに事件の関係者または目撃者だった

などなどこれらの構成要件がない限り警察は職務質問をすることはできない。
はっきり言えば今の警察官はまさにヤクザより質の悪いものだ。だからこそ俺は拒否し
ている。

拒否しても別にいい

任意であれば拒否はできる。然し最近の警察は拒否すれば怪しいというバカ教育を
している警察も多いが俺自身は本当にこんなことをするのは何だが個人的には絶対
に許されることではない。

だからこそ大事なのは何か。はっきり言えば徹底的な無視である。それでも邪魔を
するのであれば公務員職権濫用罪や地方公務員法などを使い色々と抗議をする
べきだ。警察は家畜としか思っていない。だからこそ俺は本当に思うのだがやっぱり
どうかなと思うのはこの日本の警察はどうなっているのかということである。

職務質問は絶対に断るべきである。

 

送料無料■グループ魂 CD 【実録!グループ魂全国ツアー「客vs俺!どっちがスケベか競争して来たど!15番勝負」】11/4/13発売【楽ギフ_包装選択】【05P03Sep16】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA