電子書籍のはEPUBという規格で作られる

電子書籍の作成の時の標準規格は現在はEPUB3ですがアマゾンキンドル
の場合はEPUB2とEPUB3にも対応しています。たいていの人はmobiファイル
に変換しますがこれはアマゾンのキンドルのみの規格であり他にもファイルの
規格はあります。

EPUBのメリット、デメリット

EPUBのメリット、デメリットを言えばきりがありませんが現在はEPUB編集ソフト
はSigilかでんでんコンバーターの2つがメジャーです。個人的にはSigilのほうが
使いやすいのでSigilの使い方の動画解説をあとでつけますがSigilは現在の
バージョンからEPUB2とEPUB3の両方にも対応しました。

メリットとしては直接編集がができるので簡単に初心者でもできるということで
すね。デメリットとしてはやはりそれなりのソースコードをマスターしないといけない
ので個人的にはしっかりとした使える人が使うべきツールだといえます。

キンドルではmobiファイルと言うものがある。

個人的にはmobiファイルは使ったことはないですがこれは一太郎などのソフト
を使えば編集がかなり楽なのでまあどこか楽ではないでしょうか。いろいろと
考えた結果個人的には一太郎は高いですが一つあればいいのではないか
といえますね。