執筆はマイクロソフトのワードで十分

電子書籍執筆はマイクロソフトのワードで十分にできます。文字数は特に
制限はありませんが1万文字から1万5000文字あたりが良いと言われて
います。個人的には別に8000文字でもいいのですがやはり内容が充実
したものを書こうとすればかなりしっかりとしたものを書かないといけないので
個人的には文字数はあまりこだわる必要はないといえます。

マイクロソフトワードがない場合は互換性のあるオフィスソフトを購入する

マイクロソフトワードがない場合はキングソフトなど互換性のあるソフトが売ら
れていますのでそちらの購入をおすすめします。やはり何よりも購入をするのは
いろいろな意味ではコスト面が安いので個人的にはおすすめかもしれません。

まず大切なことはしっかりとしたものを作るべきです。もちろんテキストエディタでも
構わないのですが何よりも大事なことは何かをしっかりと考えてやるべきですね。

グーグルドライブを使うのもありです

一番いいのはグーグルドライブヲ使うこともありですが個人的にはそのままコピペ
をしないことです。グーグルドライブの場合はソースコードがかなり汚いので個人的
にはおすすめできません。ですのでしっかりとしたツールを使いそして稼ぐということが
大事でしょう。

ですから何よりもグーグルドライブは下書きをするという程度で使うのが一般的で
す。個人的には使っていませんがやはりしっかりとしたツールを使う事が大事です