リセールライトよくある質問

ここではリセールライトに関する質問を書いています。




リセールライトとはどんなビジネスですか

リセールライトとは再販売権ビジネスといい英語圏から来たビジネススタイルです。リセール=再販売、ライト=権利という名前で権利ビジネスのことを指します。日本では少しずつリセールライトビジネスが増えていますがそれでもまだまだという所です。




リセールライトにはどんなライセンスがありますか

リセールライトライセンスにはいろいろなライセンスがありますが主に下記の5つです。

リセールライト
マスターリセールライト
フルマスターリセールライト
プライベートラベルライト
フリーギブアウェイライト

これ以外にもいろいろなライセンスがありますが当方が扱うリセールライトライセンスはこの5つがメインですので初心者のかたにもわかりやすいです。




編集はできますか

基本的にリセールライトはセールスページの編集は全てできます。いろいろなアイデアを出してあなたなりにコピーライティングを磨くといいでしょう。ただし扱うリセールライト商品によっては法律に抵触する場合がありますのでご注意ください。




最低販売価格とはなんですか

最低販売価格とはそのリセールライトを再販売する時の基準となる価格です。例えば最低販売価格が2980円と書いている場合はそれ以上で販売してくださいということです。それ以下で販売しては行けないということですので気をつけてください。




本名を出さないといけませんか

リセールライトは情報販売ですので当然ですが本名での販売が前提になります。特定商取引法を守らないと販売できませんので基本的にアフィリエイターとは違います。ですので気をつけてください。




リセールライトはどこで販売しますか

リセールライトの販売方法はいくつかありますがペイパルを持っている方は独自販売をしてもらっても結構ですがそれ以外の方はインフォカート、サブライムストアなどを利用してください。インフォトップでも販売は可能ですが当サイトではおすすめしません。

 




販売者登録に必要なものはありますか

販売者登録に必要なものはあなたの身分を証明するものです。住民票のコピーかマイナンバーなどインフォカートやサブライムストアによって違いますがとにかく郵送で送ることをおすすめします。詳細は各インフォカート、サブライムストアに聞いてください。




リセールライト商品はどこから仕入れますか

リセールライト商品は主にインフォカートやインフォトップなどで販売していますが偽物も出ている可能性があるので私が以前に購入していたインフォブルーリセールライトクラブで購入することをおすすめします。ここだと月額3000円でリセールライトが仕入れることができるのでいいですしまたオリジナル商品を作る場合はぜひ作るといいでしょう。どちらも自由です。




ホームページ作成ツールはあったほうがいいですか

リセールライトのセールスページを作成するという意味ではホームページビルダーはあったほうがいいでしょう。価格帯的にも安いですので一つあればいいといえますね。もちろん自信のある方はドリームウィーバーでもいいと思いますよ。




販売者登録の場合は個人事業主でも出来ますか

もちろんできます。販売者登録で個人事業主のほうがいいですしいろいろ大変ですが税金の面にしてもまだ楽です。法人登録のほうがもっと大変だと思います。.




特定商取引法に書く内容とはなんですか

特定商取引法はあなたの商品の情報などを書きますので誰が販売しているのか誰が責任者なのかをしっかりと明確に書き住所、氏名、電話番号、メールアドレスを書くことが大事です。当方のリセールライト商品にはすべて特定商取引法の雛形がありますのでいちから作る必要はありません。




販売審査はどれくらいかかりますか

インフォカートとサブライムストアでは全く違いますがサブライムストアのほうが販売審査は厳しいです。インフォカートは多少厳しいですが修正箇所をしっかりとすればたいていは通ります。最近は厳しいのでどうかはわかりません。




購入者への対応はどのようにしますか

あなたがリセラーの場合独自特典をつけるかサポートをつけるなりするべきでしょう。当方もサポートを作っていますがリセールライトの初心者であればあるほど何よりもサポートを充実するべきだと思います。

その他の質問については下記フォームからお気軽に質問してください。(質問内容によってはお時間を頂く場合がありますのでご理解ください。