ヘイトスピーチ規制法はこの国にいらない

今月の14日に加東市役所からTwitterのツイートを削除してくれという
ことが来た。これ自体おれのツイートが人権侵害に当たるというのだが
その場合なぜ5年前のツイートを今になって削除しろというのだろうか
おかしな話だ。

おれは来年の市長選挙と市議会議員選挙対策かといえば否定したがそれ
は嘘くさいな。

 

間接的な言論弾圧だ

 

では聞きたい。なぜ昨年の4月に人権教育課におれが人権侵害の相談を
した時には個人的な問題と突っぱねそして追い返したのか。その奴らが
都合のいいようにおれのツイートだけは削除しろと圧力をかけてくるのか
これが街の正体だ。

つまり間接的にでもヘイトスピーチ規制法だということを露呈したのだ
それ以外に何がある。この加東市の膿を出す意味でも書いていることに
対してヘイトスピーチに当たるの人権屋さんがみなしたのであればこっち
も対抗手段はある。

 

ヘイトスピーチ規制法などこの世からいらん

 

ヘイトスピーチ規制法は理念法などというが基本的には小さく育てて大きく
開花させる法律だ。そこにあとで刑罰を付け足せばどうだ。はっきり言えば
同じことだろう。おれが情報発信している事を相手さんは知っているはすだ
しあんたらにとやかく言われる筋合いはない。

それならば街のクソガキどもでも教育してろといいたいぐらいだ。どうして
かおれのような人間にはいろいろと風当たりの冷たい街になったけども行政
がこう出るのであればおれもネットで言論活動をするしかないな。

 

「ヘイトスピーチ法」は日本人差別の悪法だ/小山常実/皿木喜久【1000円以上送料無料】

ポツポツと更新しています

最近公式サイトが更新頻度がないと言われるけどもいまは本当にいろいろ
と忙しい。しかしある意味これも仕方がないが電子書籍などを書いたりして
いるので仕方がない部分もあるだろう。

だがプライベートブログでも書いたがおれのTwitterがまさに差別発言なんて
ね思わないけども卑劣だよね加東市も。なんの目的であんなことをするのか
知らないけども。

 

今はビジネス軌道に乗せること

 

ビジネスを軌道に乗せるためには本当に大変なことになるだろうけども個人的
にはいろいろある。本当にいろいろな意味でもビジネスを軌道に乗せないと意味
がない。

はっきり言えばおれ自身は引越しなどで今はかなりもめているということだが
別に助けてくれるわけでもないし自分でも頑張るしかないのだ。だからこそ言える
ことはある。それは稼ぐということだ。

 

行政に期待したらいけない

 

行政は助けてくれないということ。こういうことをやるような行政は政府の犬と
いえばいいだろうか。おれはもはやこんなことを言うのもなんだけども個人的には
本当にいい加減してほしいねと感じる。

行政に期待しても意味はない。その先にある未来などない。はっきり言えば俺らは
トカゲの尻尾切りにあったようなものだ。こんな世の中あるか。おれはないけどね
とにかく変だなと思いながら更新している自分がここにいる。

 

防災無線は本当にうざい

地震が来るたびに、またミサイルでも飛んで来るたびに防災無線がなる
しかし俺は実際には防災無線などうざいと感じる。それは実際には加東市
でも沖電気の防災無線を使っているのだが本当にいらないといってもつける
このアホさ加減にはいい加減してほしいと思う。

 

防災無線が迷惑な理由

 

防災無線はいらない。

はっきり断言する理由はいくつもある。防災無線はあるだけでも迷惑だし誤信を
招くことだってあるのだ。情報を信じる人間にとっては間違った情報を防災無線で
流すということをすればどうなるのかはわかるだろう。

だからこそ俺はやめてくれとあれだけ加東市に言った。

しかし無視されたし敢えなく勝手に小元団地につけられたのだ。とにかくうるさい。
馬鹿じゃないのか。

 

地震速報が流れる耽美に同じことばかりが起こる

 

本当に行政は馬鹿か。

言いたいことはある。他人の迷惑を顧みずにどことなくただ利権のために防災無線を
一方的につける行為は本当に許されないしおれにはこの行為はとにかく迷惑だと思う
しかしそれでも抗議一つないのが不思議だ。

いらないといってもつけるのがこの街だからね。どうかしているよ。