Amazon Kindleで何が大変なのか

電子書籍をやりたいけどもAmazon Kindleはハードルが高いというこ
とで断念した人もいるかもしれないが何がそこまでしたのかといえば
やはり税金の問題だろう。

今は日本のアマゾンで売る場合はアメリカに免税申請をする必要がない
が本当に以前は大変だった。

 

 

現在はアメリカで売る場合以外は免税申請はいらない。

 

実質これはAmazonKindleをする上でかなり最初ハードルが高かった。まだ
日本にキンドルが来た頃は日本でも免税しないと課税されるということだった
がみんなそのことで躍起になっていた。

然し2017年現在はもうそんなことはない。大きく言えばTIN番号はこのよう
になったからだ。

EIN=法人番号
ITIN=個人番号
SSN=アメリカ国民

という風にわけられているのでこれで納税の形態は違うのだ。

 

 

 

ハードルは低くなった

 

つまり日本で出す場合は税に関するインタビューでTINナンバーがありますか
と聞かれたら大抵の人はノーとこたえるのが当然だがマイナンバーは関係ない
そうだ。日本からみて外国籍のTINナンバーなのでつまり日本国内にいるのなら
ばないのでかなり楽になったのではないかと言える。

Amazon Kindleの敷居がかなり低いのでどんどん出品していけるのではないか
と思う。私はしっかりとした形でKindleの情報を発信していきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA