規制強化されているYouTube

YouTubeに投稿して稼いでいる人のことをユーチューバーと言いますがこのユーチューバーも悪質な人間もいます。いま世界中でYouTubeから広告を撤退している会社があります。マクドナルドやハバスなど数ある有名な会社はみなYouTubeのある迷惑行為によることが原因なのです。

それがヘイト動画です。つまり日本にもヘイト動画を作り暴利を貪るやつはいますが世界中からみればやはりいろいろと問題はあります。当然ながら日本でもこの問題は波及してくるでしょう。知らないでは済まされない問題ですが6月20日にグーグルは人工知能を使い検知システムの精度をアップして取締を強化すると言いました。つまりどういうことかといえばこれはまさにヘイト動画を取り締まると言っているのです。日本でも当然ですがこのような動画がある場合は容赦なくアカウント停止になるでしょう。いつあなたのアカウント停止にならないためにも当サイトではアカウント停止対策を書いておきます。

アカウント停止対策3か条

その1作らない
どんなに嫌なことがあっても再生回数が伸びるからと言っても作ることはだめです。ユーチューバーとして長くやりたいのだったらまずこれらのことはやめるべきです。真面目な動画を作りそしてコツコツとチャンネル登録者を増やす方が賢明です。

その2関わらない
ヘイト動画を配信している人間に関わると不幸になるだけです。あなたも見ればわかると思いますが関わらない事が大事です。そんな動画は必ず淘汰されます。されなければおかしい方です。とにかく関わらないことが一番の処方箋だといえます。

その3不快にさせない
動画作成に於いて不快にさせる動画で稼いでもそれは意味がないです。どんなに稼いでも不快にさせれば相手に敵を作るようなものです。ヘイト動画が減らない背景にあるものは必ずと言っていいほどこのタイプです。自分さえ良ければいいとかはだめです。とにかくはっきり言えることは何かをしっかりと考えていただき同時に常識を持って動画投稿するということが大事です。